よかれと思ってやりがちなこと

ウイルス対策ソフト、どうにかしなければと思う人は多いと思うし、大事なことだ。
必要以上にコンピュータウイルスを怖がる人もいるが、それくらいでちょうどいいと思う。

 

ただ、いくら怖がっても気をつけなければいけないことがある。

 

何種類もウイルス対策ソフトを入れてはいけないということだ。
そうしたくなる気持ちも、わからなくもない。

 

ウイルス対策ソフトは何種類もパソコンに入れると、競合という現象を起こし正常に作動しなくなる。
ウイルス対策ソフトは必ず1種類とし、違う会社のものを入れるのであれば、古いソフトは必ず消してからインストールしよう。

 

また、パソコンは最初に買った時にもともとウイルス対策ソフトが体験版としてインストールされていることもある。
フリーソフトをインストールするときに、体験版のウイルス対策ソフトがおすすめという形でついちゃんと読まずにOKボタンを連打しインストールされる、ということもある。

 

今、自分のパソコンがどうなっているか、とくにパソコンを買った直後は調べてみるといいかもしれない。